ウォーターサーバーイメージ

ワンウェイとリターナブルのウォーターサーバーを比較

私は実家に住んでおり、家族も水をよく飲むことがあるのでウォーターサーバーを契約しています。
因みにそれまではペットボトルを買い溜めしていたので、買い足すたびにメーカーが変わって、味が統一されません。
それ故に水の味にはうるさいようにはなりました。
最初に契約したのはリターナブルのウォーターサーバーです。
これはチラシの広告から申し込んだ経緯があり、当初インターネットで広く宣伝されていることを知りませんでした。
ただ当時は、ほとんどリターナブルしかなかったように思います。
このタイプのサーバーはガロンボトルが使われるのが特徴です。
素材はプラスチックなのですが、どちらかと言えばビンに近い感覚です。
試飲はさせていただいたのですが、長期的な利用となるとはやり違うなという感覚が出てきたのです。
それは家族みんながそうだったので、解約することにしたのですが、その頃になるとインターネットで情報収集をしていました。
すると聞きなれないタイプが現れており、清潔を売りにしていることがよく分かりました。
今度はインターネットの公式サイトをよく見て検討し、新たにリターナブルのサーバーを導入したのです。
まず無料お試し機関があることが大きな違いで、前回のサービスにはなかったものです。
もちろん契約は交わしますが、1週間以内であれば解約手数料が掛からないと言われ、少し安心します。
ワンウェイのサーバーはペットボトルを利用するのですが、水を使うたびに潰れていく特徴があります。
最初は破れないのかと心配でしたが特に問題はありませんでした。
ただ、頑丈さだけを比べるとガロンボトルのほうが上です。
特にボトルの付け替えには細心の注意を払わなくてはなりません。
ちょっとした衝撃でも穴が開いて割れてしまいそうで心配です。
しかしガロンボトルとは違って使い捨てができます。
ガロンボトルはリユースされるので回収が義務付けられていますが、誤って傷付けたり割ったりした場合は弁償しないといけません。
そのことを考えると、ワンウェイに分があるのかなと感じたりもします。
他の使い勝手はどちらも変わらない気がしますが、ワンウェイはメンテナンスが不要な特徴があります。
このタイプは例外なくセルフメンテだそうで、定期的に自分でメンテナンスをしなくてはなりません。
メンテナンスとは言っても、コックやボトルの差込口を除菌剤を使って拭き取る程度です。
業者に委託してお金を取られるよりも経済的ではあります。
水の美味しさに関しては、納得して使っているワンウェイのほうがかなり良いです。
天然水とミネラルを混合させたものだそうですが、飲み易くて気に入っています。
尤もリターナブルであっても美味しい水を宅配してくれるサービスはあるでしょう。
水の美味しさを除外して比較すると、ワンウェイのほうが使い勝手が良く感じます。
衛生面にしてもボトル内に外気が混入する心配がないので、ハウスダスト対策には最適です。
水の宅配でガロンボトルを返却時に一度落としたことがあるのですが、幸いにも割れることはなく弁償もしなくて済みました。
やはり弁償のリスクを負う必要がない、使い捨てのペットボトルが我が家では一番だと感じています。

Copyright(C) 2010 warter server.com All Rights Reserved.